本文へスキップ

〜東は天竜の朝空清く 西は浜名湖の夕雲高し〜 浜松東高校の卒業生ひとりひとりをつなぐ「静岡県立浜松東高等学校同窓会ホームページ」

TEL. 080-5155-1442

〒431-3105 静岡県浜松市東区笠井新田町1442

同窓会会則等The rules of a society

同窓会則PDF →
見舞金・援助金等に関する規定PDF →

同窓会会則

(名称)
 第1条 本会は、静岡県立浜松東高等学校同窓会と称する。

(事務局)
 第2条 本会は、事務所を静岡県立浜松東高等学校内に置く。

(目的)
 第3条 本会は、会員相互の親睦を厚くし、その発展に寄与することを目的とする。

(事業)
 第4条 本会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
   (1)会員親睦のための事業
   (2)母校後援のための事業
   (3)会員名簿の発行
   (4)その他理事会で必要と認めた事業

(会員)
 第5条 本会の会員は、普通会員と特別会員とする。
   (1)普通会員は静岡県立浜松東高等学校卒業生とする。
   (2)特別会員は、母校の教職員および旧職員、その他母校に縁故のある者で、
     会員の推薦によって評議員会の承認を得た者とする。

(役員)
 第6条 本会には次の役員を置く。
   (1)名誉会長   1名
   (2)会長     1名
   (3)副会長   若干名
   (4)理事    若干名
   (5)評議員   若干名
   (6)監事     2名
   (7)庶務会計  若干名
   (8)支部長   若干名
   (9)顧問    若干名 

(役員の選任・任期)
 第7条 名誉会長は、静岡県立浜松東高等学校長推薦する。
     1. 会長・副会長・監事は 総会で会員中より選出する。
     2. 理事は、評議員と特別会員の中より会長が指名する。
     3. 評議員は、卒業年次ごとに選出する。
     4. 庶務会計は、会長が委嘱する。
     5. 顧問は、普通会員・特別会員の中より会長が委嘱する。
     6. 役員の任期は2年とし、再任を妨げない。

(役員の任務)
 第8条 会長は本会を代表し、本会を統轄する。
     1. 副会長は、会長を補佐し、会長事故あるときはこれに代る。
     2. 理事は理事会を構成し、本会の事務を処理する。
     3. 評議員は評議員会を構成し、本会の事務を処理する。
     4. 監事は、本会の会計を監査する。
     5. 庶務会計は、本会の庶務会計その他の会務を処理する。
     6. 支部長は、支部を運営し、これを代表する。
     7. 顧問は、本会の重要な事項について会長の諮問に応じる。

(機関)
 第9条 会議は、総会(通常・臨時)・理事会および評議員会とする。
     1. 会議の議決は出席者の過半数をもってし、可否同数の場合は議長の決するところによる。
     2. 総会は本会の最高機関で、通常総会は年1回開く。必要に応じて臨時総会を開くことができる。総会にお
       いては、次の事項を審議する。
       (1)予算・決算
       (2)事業計画および報告
       (3)役員の選任
       (4)会則の制定改廃
       (5)その他重要事項
     3. 理事会は会長の諮問に応じ、会務を企画運営する。
     4. 評議員会は総会提出の議題の審議、総会より委任された事項の処理に当たり、緊急の場合は総会の代議機
       関となる。
     5. 会長は、会議の議長となる。

(支部)
 第10条 本会は必要に応じて支部を置くことができる。
    1. 支部を結成しようとする場合は、支部会員名簿を添付して会長に届け出、理事会の承認を得るものとする。
    2. 支部には支部長その他役員若干名を置く。

(会計)
 第11条 本会の経費は、入会金・終身会費およびその他の収入による。
 第12条 普通会員は入会に際し、入会金および終身会費を納入するものとする。金額は別に定める。(細則の3)
 第13条 本会の会計年度は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終る。

(帳簿)
 第14条 本会に下記の帳簿を備える。
     (1)会則
     (2)会員名簿
     (3)会議録
     (4)会計簿
     (5)その他必要と認める帳簿
 第15条 死亡弔慰金規定を定める。
 第16条 本会則の改廃は評議員会の議を経て総会において決定する。

(附則)
 1. 本会則は、昭和49年3月1日より施行する。
 2. 本会則の実施に必要な細則は、理事会・評議員会の議を経て会長が定める。
 3. 本会則は、平成29年9月1日より一部改正施行する。

(細則)
 1. 会則第7条第3項の評議員は、各HRから2名以上を選出する。
 2. 会則第9条第2項の通常総会は、会計年度終了から3カ月以内に開催する。
 3. 会則第12条の入会金は2,000円、終身会費は8,000円とする。





慶弔見舞金・援助金等に関する規定

(目的)

第1条 本規定は、対象者に慶弔罹病のあった際の祝電ならびに祝金・援助金、弔電ならびに香料等弔慰金・見舞
    金などの支給について定める。

(対象者)

第2条 静岡県立浜松東高校同窓会会員(以下会員という)および在籍生徒、母校の教職員・旧職員等本会会則に
    規定した特別会員(以下特別会員という)、本会活動に縁故のある者・団体で会長の認めたものならびに
    学校に関する行事とする。

(届出)

第3条 対象者または関係者が本規定の定めるところにより、慶弔金・見舞金等の支給をうけようとするとき、ま
    たは祝電・弔電等を受けようとするときは、すみやかに電話等で会長に申し出ることとする。なお、届出
    が遅延したときは3役協議の上支給・不支給等を決定する。

(結婚祝金)

第4条 対象者で以下に該当する者が結婚したときは、結婚祝金を支給する。
    (1)会長   15,000円
    (2)副会長  10,000円 
    (3)役員    5, 000円 

(国家的褒賞等)

第5条 対象者が国家的褒賞等を受けたときは、祝金を支給する。なお、対象褒賞・金額は理事会にておいて決定
    する。

(死亡弔慰金)

第6条 下記に該当する対象者またはその家族が死亡した場合は、以下の号により弔慰金(香料)を支給する。
    ただし、特別会員は弔電に替えることもできる。
    (1)本人死亡
      ア.会長       20,000円
      イ.副会長      10,000円
      ウ.役員・特別会員   5,000円
    (2)配偶者・1親等者
      ア.会長・副会長    5,000円
      イ.役員・特別会員   3,000円
    (3)本会の活動に縁故のある者等のときは上記(1)(2)を基準に3役協議の上決定する。

(弔電)

第7条 第6条(1)に規定する対象者または第6条(2)に適用する者が死亡した場合は弔電を打つこととする。
    なお、弔慰金を支給する場合は、弔電を省略することもできる。

(傷病見舞金)

第8条 下記に該当する対象者が負傷または被病し、医師の診断により3週間以上の休業療養(入院)した場合は
    見舞金を支給する。ただし同一傷病1回に限るものとする。
    (1)会長・副会長・役員 10,000円

(羅災見舞金)

第9条 対象者の居住する家屋等の火災・自然災害による重大被害に対する見舞金は理事会にて協議の上決定する

(学校行事等に対する祝金等)

第10条 成績優秀な部活動等に次のとおり祝金(激励金)を支給する。
    (1)県大会を経ての全国大会(国体を含む)出場者(参加資格者)生徒1人当たり10,000円を支給する。
      ただし、上限を1回につき100,000円とし、同一部活動への上限支給は年2回までとする。なお、上限
      回数を超えて支給する事情のある場合は、理事会にて協議のうえ支給の有無と支給額を決定する。
    (2)県大会を経ての東海大会出場者(参加資格者)生徒1人当たり5,000円を支給する。ただし、上限を1
      回につき50,000円とし、同一部活動への上限支給は年2回までとする。なお、上限回数を超えて支給す
      る事情のある場合は、理事会にて協議のうえ支給の有無と支給額を決定する。
    (3)その他の出場ならびに開催地等考慮を要する場合は上記(1)(2)を基準とし3役協議の上増減等を
       決定する。
    2.その他、同窓会長賞等賞揚ならびに記念品(卒業証書入れ等)は3役協議により決定する。

(母校後援のための援助)

第11条 母校後援のための事業として次のとおり援助金等を支給する。ただし、援助の可否・支給額・援助方法
    については母校関係者と協議のうえ理事会にて決定する。
    (1)成績優秀部活動に対する援助
      ア. 全国大会出場等応援バス代等の援助
      イ. 全国大会出場等応援用具代等の援助
    (2)母校活性に資する事業で地域に発信する事業に対する援助
    (3)母校周年事業に対する援助
    (4)その他、特に援助を必要とした事業に対する援助

(学校行事等に関する祝電等)

第12条 同窓会長が認めた場合は、学校行事等に祝電(激励電)等を打つこととする。

(その他)

第13条 本規定に記載のない事項において緊急を要する場合は、会長が決定し理事会の事後承認を得るものとする

(既定の改廃)

第14条 本規定の改廃は理事会において決定する。

(附則)

 1. 本規定は2012年8月1日より施行する。
 2. 本規定は2016年9月1日より一部改正施行する。


バナースペース

静岡県立浜松東高等学校同窓会

〒431-3105
静岡県浜松市東区笠井新田町1442

携帯 080-5155-1442
TEL 053-434-4401
FAX 053-435-0620